債務整理で自己破産?より良い方法を法律家に相談しませんか?

債務整理 自己破産

債務整理の中でも、一番大がかりで圧倒的に生活が変わるのが、自己破産です。
裁判所で手続きする自己破産は、免責を受けたら借金がいくらあってもゼロになります。

 

自己破産というと、一生肩身の狭い思いをして日陰で生きていくような暗いイメージしかないかもしれませんが、日常生活に必要な家財道具などが取り上げられることはありませんし、保証人を立てていない限り、本人に代わってだれかが借金を背負うこともありません。

 

債務整理 自己破産

債務整理で自己破産したことは、戸籍や住民票に載ることもないし、昔噂で言われていたように選挙権がなくなるということもありません。
普通に生活していて、自己破産したことが人に知られることはまずないと思っておいていいと思います。

 

債務整理での自己破産のデメリットとして挙げられるのは、破産するということの精神的負担、そして、一時的に就けない職業や取れない資格があること、20万円以上の価値のある資産を処分しなくてはならないといったことが挙げられます。

 

免責がおりると、借金生活から解放されますが、5年〜7年はクレジットカード作成やローンの利用ができなくなります。
こうした部分をデメリットと取らず、債務整理で自己破産をした結果得た、新しい人生のためのメリットだと思えたらいいですね。

 

債務整理 自己破産